Blogブログ

プノンペンの出来事からマッサージに関する情報まで。

ツボの紹介。肩から上腕にかけての痛み、肘の腫れに天井(てんせい)

スオスダイ

カンボジアのマッサージ店、JapaneseMassageMASAのぢゃがいもです。

今回ご紹介するツボは、

天井(てんせい)です。

f:id:japanesemassagemasa:20160625175104j:plain

とは上半身のことを意味し、

とは井戸を表します。

気の湧き出る井戸、というイメージです。

肘のくぼんだ箇所の一寸ほど上にあります。

頚の凝りや、

肩から肘までの上腕の痛みなどに効果が期待できます。

【押し方】

反対側の指でぐぅ~と押しましょう。

その際に息はとめないように。

ゆっくり5つ数える、

これを3~4回ほどやってみてください。

テニス肘でお悩みの方にも、

効果が期待できるツボですよ。

頭のツボ「百会」は身体中のあらゆる気が集まる場所であり、
「百(多種・多様)の経絡が出会う」という意味から名付けられています。

全身に14ある経絡(気の流れる道筋でこの上に多くのツボが点在する)のうち、
5つが百会のある頭頂部を通っています。

気のバランスを整える効果があり、。

精神的な症状全般の緩和・・
「自律神経失調症」や「うつ」状態の時にもおすすめです。

f:id:japanesemassagemasa:20151121134308p:plain

百会(ひゃくえ)の部位

頭のてっぺん、両耳と鼻の延長線が交わる点に位置します。
指で押すとプニプニへこむ所があると思います。
そこが百会です。

百会(ひゃくえ),押し方

1. 使いやすい二指をツボにあてる。

2. 息を吐きながら、体の中心に向かって押す。

※極端に強く刺激しないように注意しましょう。

自律神経は内臓や血管、リンパ、筋肉などの機能をコントロールする神経です。
自律神経の働きを整えることによって、
全身の「首こり」や「肩こり」の解消だけでなく、

あらゆる不調・トラブルにアプローチしつらい症状を和らげることができます。

ツボ押して、セルフケアを普段から心がけてみてください。

それでもつらいときは、ぜひマッサージに。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事